健康と美容のサプリメントの通販|健康と美容のサプリメントなら【office-092】 お問い合わせのお電話フリーダイヤル:0120-092-337(平日10時~18時)

オススメコンテンツ

後払い.com


 

ゆうパック
 

paypal
 

Yahooショッピング
 
 
 
 
 

耳よりな情報

以下の植物性素材やビタミンの情報はサプリメントに使用される素材の一般的な情報です。

(弊社商品に配合されている素材情報では有りません)

ナギイカダエキス末 (ブッチャーズブルーム)

ナギイカダは地中海沿岸原産といわれ、温和な気候と豊かな自然の中から生まれたユリ科の常緑低木です。常緑小低木観賞用に栽培されています。
ヨーロッパでは、根から抽出されるエキスがハーブとして古くから利用され、ドイツでは医薬品として、脚のむくみを改善する効果があるため、使用されています。
ナギイカダにはサポニンの一種の「ルスコゲニン」が含まれています。注1)

 

■ナギイカダ(ルスコゲニン)を使用した効果は下記のURLをご確認ください。
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed?cmd=Search&term=2002%2052%20243-250%20Arzneimittelforschung&dispmax=20&relpubdate=No%20Limit

■ナギイカダの効果の情報については、以下にあります。
http://www.thorne.com/altmedrev/.fulltext/6/6/608.pdf#search='monograph+ruscus '.
注1)Weiss RF. Herbal Medicine. Gothenburg, Sweden: Ab Arcanum, 1988, 117-8.

■ナギイカダ(ルスコゲン)が脳虚血性傷害を減らすとの臨床結果が記載されています。
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/23911884


 

■静脈不全の治療におけるナギイカダ、ヘスペリジンメチルカルコンとアスコルビン酸との慢性静脈不全の治療における臨床など
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/21173734


■慢性静脈障害患者の薬物療法の迎合性の記述の中に、ナギイカダの記載があります。
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/22801406

■下肢静脈瘤の治療に関して、ナギイカダ由来抽出物の有効な使用に関しての記載があります。
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/20109380

■静脈不全の治療におけるナギイカダ等を用いた治療改善の記載があります。
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/19620698

■ナギイカダを用いた慢性静脈不全の処置の記載があります。
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/18091707

 



ビンカマイナーエキス末

ビンカマイナーは南欧に多く生息する多年生の植物、和名を「ヒメツルニチニチソウといい、日本では改正医薬品範囲基準(所謂食薬区分上、「医薬品的効能効果を標ぼうしない限り医薬品と判断しない」という意味)で全草が食品と分類されています。
欧米、特にヨーロッパでは古くから伝統的にハーブティーとして高齢者の健康維持のため利用されてきました。
類似する名前のマダカスカル
島原産の「ニチニチソウ」とは別物です。

ビンカマイナーの主要成分である「ビンカミン」は医薬品素材として使われています。この「ビンカミン」という成分を含むのはこのヒメツルニチニチソウとツルニチニチソウですが、ツルニチニチソウは医薬品扱いになり、サプリメントとしては使えません。

■ビンカマイナーの主成分「ビンカミン」の効果に関しての記述があります。

 http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/343787

■50~80歳までの152人の男女を対象にした二重盲試験の記述があります。

 http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/8884757

イチョウ葉エキス

イチョウは何億年前に地球上に登場した植物の一つといわれています。
寿命は約1,000年といわれています。主にアメリカ南部、東部、南フランス、中国、韓国、日本に生息しています。 
イチョウの実(ぎんなん)は漢方で使用しますが、イチョウ葉は、最初ヨーロッパで生薬として使用されました。イチョウ葉エキスは、日本では食薬区分上食品扱いです。

WHO(世界保健機関)やFDA(米国食品医薬品局)などでは生薬や医薬品として認証されてます。
ドイツ、フランス、スイス、オーストラリア、イタリアなど75ヶ国で生薬や医薬品として認可販売されているようにその効果と安全性はよく知られています。

イチョウ葉エキスには、イチョウフラボン配糖体とテルペンラクトンと呼ばれる2種類の活性成分があります。
イチョウ葉エキスのおよそ24%を占めるイチョウフラボン配糖体には抗酸化作用やサラサラ効果があるといわれています。

 

■イチョウ葉の使用例、ドイツでは耳鳴りへの使用を承認しています。
http://hfnet.nih.go.jp/contents/detail116.html
 

■イチョウ葉を使用した耳鳴りへの臨床試験について効果が確認されています。
http://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1046/j.1365-2273.1999.00243.x/abstract

■耳鳴りの患者に対してのイチョウ葉エキスの有効性に関して記載があります。

http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/23682937

■耳鳴りの治療にイチョウ葉を用いた有効性に関しての記載があります。
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/23543524

■イチョウ葉の耳鳴りに対しての効果に関しての記載があります。
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/22626945

■神経精神病学的特徴による痴呆のイチョウ・エキスの有効性に関しての記載があります。
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/22459264

■耳鳴りの処置のイチョウ・エキスに関して記載があります。
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/21857784



ショウガエキス

ショウガ科の多年生植物であるショウガはその強い香りと辛味により、天然の調味料またはスパイスとして一般に知られています。
中国では古くから漢方薬として、インドのアーユルヴェーダでも消化の働きを高めると考えられています。
有効成分として抗酸化活性を有するオレオレジンが含まれています。
辛味成分のジンゲロールは、加熱・乾燥によってショウガオールに変化する性質を持っています。
血流を促進する作用により、冷えを改善する効果や、免疫力を向上させる効果が期待されています。



ビタミンB12

ビタミンB12は水溶性のビタミンB群の一種です。悪性の貧血の予防や神経の働きに不可欠な栄養素で、たんぱく質などの合成の調節や補酵素として様々な代謝に関わっています。
動物性食品に含まれ、体内では肝臓に貯蔵されています。ビタミンB12は細胞が分裂する時に不可欠な補酵素で、血液中の赤血球と結合し、酸素を運ぶ役割をしているヘモグロビンの合成を助ける効果があります。ビタミンB12は葉酸と協力し、赤血球の形成に深くかかわります。
また、ビタミンB12には細胞の重要な情報を有する核酸や、アミノ酸、たんぱく質の合成を助ける働きがあります。
脳から指令を伝える神経が正常に機能するためには、いくつものビタミンB群が関わっています。
筋肉や神経を動かすエネルギーをつくるのがビタミンB1、神経伝達物質の生成に働くのがビタミンB6となっています。
ビタミンB12には脂質の合成や修復をする働きがあり、神経細胞内の表面にある脂質膜の合成にも関わっています。
ビタミンB12は脂肪成分と馴染みやすい構造を持っているので、脳に簡単に入り込むことができます。
そして汚れが詰まっている部分は洗い流し、切れている部分はつなぎ合わせることで、健康的なもとの姿に復元させる働きがあります。

ビタミンB12が不足すると・・・
ビタミンB12の不足によって起こる代表的な症状は、舌がアレを起こしたり、下痢、息切れ、めまい、ドキドキ感、だるさ、食欲不振などが見られます。
また、身体の伝達の働きが悪化して手足のしびれや痛み、集中力の低下、物忘れなどが起こります。
これらはビタミンB12の摂取で回復します。

そのほか、ビタミンB12が不足すると血液中のホモシステインというアミノ酸の量が増え、動脈が硬くなる症状の引き金となり、生活習慣を見直す必要がある病気のリスクを高めるといわれています。

ビタミンB12の吸収は小腸で行われます。
ビタミンB12は食品中ではたんぱく質と結合しており、胃の中で消化酵素であるペプシンによって切り離されます。
切り離されたビタミンB12が吸収されるためには、胃の細胞から分泌される内因子という糖たんぱく質と結合する必要があります。
内因子と結合することによって、ビタミンB12は小腸で吸収されます。

また、菜食主義者 (ベジタリアン)もビタミンB12が不足しやすくなります。
これはビタミンB12が、基本的に動物性食品にしか含まれていないためです。
この場合には、味噌や納豆などの発酵食品から摂取する方法もあります。
ビタミンB12は、余分に摂取しても吸収に必要な内因子の分泌量の範囲内でしか吸収されないため、過剰症の心配はありません。

 

ナイアシン(ニコチン酸アミド)

ナイアシンはビタミンB群のひとつです。
糖質や脂質を燃やしてエネルギーを作り出すときや、二日酔いの原因となるアルコールを分解するときに働く「酵素」を助ける「補酵素」としての役割を担っています。
皮膚や粘膜の健康維持を助けるほか、頭の記憶や伝達を正常に働かせる効果があります。
ナイアシンが欠乏すると、皮膚、粘膜や消化吸収する働き、伝達する働きに影響が出ます。
口の周りの炎症、食欲不振、不安感などの軽い症状や細胞のエネルギーが不足することで倦怠感を感じることもあります。
 

ナイアシンが欠乏すると、消化不良や下痢、頭痛・気分が落ち込む病気・記憶を忘れてしまう病気などを生じ、子供の場合は成長段階で様々な障害を起こります。日常の食生活の中で、ナイアシンの摂りすぎによって健康の害が現れることはほとんどありません。
ナイアシンを大量に摂取した場合には、皮膚が炎症を起こしてかゆくなりヒリヒリすることがあります。しかしこれは一時的なもので健康上の悪影響はありません。

 

1993年~2002年にかけて65歳以上の高齢者6158名を対象に、食事から摂取するナイアシンの量とアルツハイマー症との関係が下記のURLに記されています。
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/15258207

 

上記の植物性素材やビタミンの情報はサプリメントに使用される素材の一般的な情報です。

(弊社商品に配合されている素材情報では有りません)

ミミナリラックスの原料についての情報はこちらをご確認ください。
↓↓↓

原材料名について



 

HOME

 >店舗概要     プライバシーポリシー     特定商取引法     >ショップ利用案内     >お問い合わせ
 >ブログ記事一覧 >サイトマップ

 >耳より情報「耳鳴りに有効な厳選サプリメント成分」
  >耳障りな耳鳴りの音の原因は?
    >耳鳴りの分類について    >耳鳴りの基礎知識    >耳の構造について    >更年期障害について

  >サプリメント豆知識
   >サプリメントの上手な摂取方法   >サプリの保存方法について   >自分に合ったサプリメントの選び方とは
   >サプリメントの基礎知識   >ネット通販でサプリを購入するメリット

  >ミミナリラックスの原材料名について
   >ナギイカダエキスと耳鳴りの関係性について   >イチョウ葉エキスと耳鳴りの関係性とは?

  >ミミナリラックスの誕生まで  >ミミナリラックスの製造工場

 >MIMINARELAX~ミミナリラックス~オススメページ

 >耳鳴りについて  >耳鳴りについて2   >耳鳴りにいい食べ物

 >プエラリア・メロンプラセンタ配合女子力向上応援サプリ天使の秘密
  >女子力向上応援サプリ【天使の秘密】バストアップにオススメの「ストレッチ&エクササイズ」
  >バストアップにオススメの女子力向上サプリメント【天使の秘密】の製造工場
  >バストアップにオススメの女子力向上サプリメント「天使の秘密」原材料名について
   > バストアップにオススメの女子力向上サプリメント天使の秘密の原材料成分「メロンプラセンタ」 について
   >バストアップにオススメの女子力向上サプリメント天使の秘密の原材料成分「プエラリアミリフィカ」について
    >女性ホルモンに似ているプエラリアミリフィカ特有の成分の働きで女性らしさをサポート
   >有機栽培された64種類の植物原料から作られた野草酵素について
   >バストアップにオススメの女子力向上サプリメント天使の秘密の原材料成分「パパイヤ抽出物」について